ペニス増大と男性ホルモンって関係あるの?


ペニス増大と聞くと、なんとなく男性ホルモンと関係があるんだろうな~
と思いがちだと思います。

しかし、この関係を知らないと短小や勃起障害に悩んだり・・・
なんてあるんです。

ペニスが大きくなるのは、男性ホルモンの働きによるものなのです。

つまり、男性ホルモンが少なくなると、ペニスが小さかったり、
中折れしたりと、元気がない状態となってしまうんです。


そもそもペニスは、血管の集まりでできていて、
医学用語では、『陰茎海綿体』と呼ばれているところです。

普段、陰茎は勃起してない状態だと、柔らかくくちゃくちゃしています。
それが性的興奮や朝立ちの時にかたくなり勃起してペニスに血液が集まって
硬く太くなるんです。

これがペニスが増大する仕組みです。

もっとペニス増大をしたいなら、より陰茎海綿体(ペニス)に
血液を集められれば、今まで以上に太く硬く、長持ちするペニスとなるわけです。


また、ペニスは骨などと違って、血液が集まって硬くなるので、
成長期が過ぎても、男性ホルモンを増やすような努力をすれば、
大人になってもまだまだ太く硬くなる余地があるんです。

『昔の自分に戻れる』ことになります。

しかし、男性ホルモンを増やすだけでは、太く硬いペニスはできないんです。

えっ何で?

と思うかもしれませんが、それは血液の中に
どれだけ勃起に必要な『栄養成分』が含まれているかということに
なるからです。

つまり
ペニス増大には、男性ホルモンによってペニスを活性化させて、
良質(勃起に必要な栄養が豊富に入った)な血液が組み合わさって、
初めてペニス増大になるんです。

ペニス増大ランキング


関連記事


精力剤サプリランキング

  1. No.1クラチャイダム ゴールド

    クラチャイダムゴールド

  2. No.2レッドドラゴン

    レッドドラゴン

  3. No.3マカエンペラー

    マカエンペラー


おすすめ記事